市場ニュース

戻る
2016年07月28日08時00分

【材料】ソフトバンク・テクノロジー---1Q営業利益32.6%増、営業利益率は0.2ポイント改善

ソフバンテク <日足> 「株探」多機能チャートより

ソフトバンク・テクノロジー<4726>は27日、2017年3月期第1四半期(16年4-6月)決算を発表。売上高が前年同期比16.0%増の106.71億円、営業利益が同32.6%増の2.38億円、経常利益が同26.5%増の2.34億円、四半期純利益が同69.4%増の1.33億円だった。

売上高については、大型の公共案件が順調に進行したこと、プラットフォームソリューション事業における機器販売の受注が増加したこと、さらにシマンテックストア事業が伸長したことにより増収となった。また、採用の強化により人件費は増加したが、売上高の伸長とその他固定費の抑制により、営業利益率は前年同期比0.2ポイント改善し2.2%に。

17年3月期通期については、売上高が前期比4.1%増の470.00億円、営業利益が同4.0%増の24.00億円、経常利益が同3.1%増の23.00億円、当期純利益が同6.7%増の15.00億円とする期初計画を据え置いている。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均