市場ニュース

戻る
2016年07月28日03時52分

【為替】7月27日のNY為替概況

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

27日のニューヨーク外為市場でドル・円は、105円49銭から106円05銭まで上昇し、105円65銭前後で引けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で予想通り利上げを見送ったためドル売りが優勢となったものの、声明の中で景気見通しのリスクが低下したと指摘されたためドル買いが再燃。

ユーロ・ドルは、1.0961ドルへ下落後、1.1014ドルへ急反発し1.1000ドルで引けた。ユーロ・円は、116円49銭へ上昇後、115円86銭へ弱含んだ。

ポンド・ドルは、1.3082ドルから1.3186ドルへ急伸した。予想を上回った英国の4-6月期GDP速報値を好感したポンドの買戻しが続いた。

ドル・スイスは、0.9950フランへ上昇後、0.9910フランへ下落した。


[経済指標]・米・6月中古住宅販売成約指数:前月比+0.2%(予想:+1.2%、5月:-3.7%)・米・6月耐久財受注:前月比-4.0%(予想:-1.4%、5月:-2.8%←-2.3%)・米・6月耐久財受注(輸送機除く):前月比-0.5%(予想:+0.3%、5月:-0.4%←-0.3%)【金融政策】・米連邦公開市場委員会(FOMC)・政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.25-0.50%に据え置き決定

《KY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均