市場ニュース

戻る
2016年07月27日12時12分

【材料】Jフロント、国内大手証券は17年2月期下期以降は再び増益基調に戻ると予想

Jフロント <日足> 「株探」多機能チャートより
 J.フロント リテイリング<3086>が反発。株価は5日移動平均線をサポートに推移し、今日の高値圏で前場の取引を終えている。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、コスト削減は例年通り順調に推移、富裕層売上高は第1四半期も堅調、顧客数も増加していると指摘。インバウンド売上高は前年同期のハードルが高い第2四半期を越せばマイナス幅は縮小するとみて、売場面積減少の影響が一巡する17年2月期下期以降は再び増益基調に戻ると解説。

 レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価を1670円から1520円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均