市場ニュース

戻る
2016年07月27日11時21分

【材料】伊藤忠が大幅4日続落、グラウカスリサーチが「強い売り推奨」としてカバレッジ開始

伊藤忠 <日足> 「株探」多機能チャートより
 伊藤忠商事<8001>が大幅4日続落。企業の不正を調査し、空売りをすることで知られる米グラウカス・リサーチ・グループ(カリフォルニア州)が27日付で、伊藤忠のレーティングを「強い売り推奨」としてカバレッジを開始したことが売り材料視されているようだ。

 グラウカス・リサーチは、利益の水増しや資金の流用などを独自に調査し、株式や債券が不当に高く評価されている銘柄を抽出し、空売りをすることで知らており、7月から日本株への投資を開始している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均