市場ニュース

戻る
2016年07月27日10時16分

【材料】三井不など不動産株が高い、日銀の追加緩和観測で買い優勢に

三井不 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三井不動産<8801>や三菱地所<8802>など不動産株が高い。27日付の日本経済新聞は「日銀内で追加金融緩和論が浮上してきた」と報道した。28~29日に開催される日銀金融政策決定会合での追加緩和実施期待が強まったことから、一段の金利低下などは有利子負債の大きい不動産株には好材料との見方から買いが優勢となっている。前日には、市場の一部に、追加緩和の見送り観測も浮上していたが、この日は先高期待からの買いが優勢となっている様子だ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均