市場ニュース

戻る
2016年07月27日09時26分

【材料】FRONTEOが5日ぶり反発、転倒・転落を予測する人工知能関連技術で特許取得

フロンテオ <日足> 「株探」多機能チャートより
 FRONTEO<2158>が5日ぶりに反発している。26日の取引終了後、病院内における患者の転倒・転落を予測する人工知能関連技術について、特許を取得したと発表しており、知的財産戦略の強化につながることを好感した買いが入っている。

 今回、同社が特許を受けた技術は、電子カルテ内の患者の状態や日々の診療記録など、自由記述のテキストデータを解析し、インシデント(転倒・転落)の予兆を検知する人工知能関連技術。提携病院との共同研究によれば、転倒リスクを評価する従来の予測手法と比較して、最大30~40%の精度向上が期待できるという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均