市場ニュース

戻る
2016年07月26日18時03分

【経済】来週は「アベノミクスの第2幕」への注目が高まる? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

今週は26、27日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれますね。
好調な雇用統計などの指標を背景に、米連邦準備制度理事会(FRB)が経済の先行きや景況感について、やや前向きな見方を示す可能性もあります。利上げへの思惑が再び高まるかもしれません。
ほかに米国では29日に4-6月期のGDP速報値が発表されます。そして28、29日は日銀金融政策決定会合を控えて、市場では追加緩和期待も台頭してきています。
また、決算本格化で、今週中に800社を超える企業の決算発表が予定されています。

イベントが盛りだくさんのなかで、注視するべきポイントは何か? 松永さんは、
『今週の注目は、FOMCや日銀金融政策決定会合よりも7月26日~27日の決算発表ラッシュによるNYダウの動向かもしれません』
そしてなによりも『日本政府が8月2日にまとめる経済対策の骨格に注目ではないでしょうか』とおっしゃっています。

政府は25日に、来月2日にもまとめる経済対策の骨格を固めた、と報道されています。それについては、
『財政支出が当初予想されていた3兆円規模から6兆円規模となり、融資なども含めた経済対策の規模が20兆円を超える見通しとなってきました』と分析。
『内閣改造では、菅官房長官と麻生副総理・財務相を留任させる方針が伝えられています。来週2日~3日頃から、「アベノミクスの第2幕」への注目が高まる可能性もあります。それにより円安の流れが強まるのかもしれません』と予想されています。

今後は8月2日に日本政府がまとめる経済対策の骨格に注目しましょう。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の7月26日付の「今後の展望」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均