市場ニュース

戻る
2016年07月26日13時08分

【材料】TDKとニッパツが後場一段安、公取委がカルテルなどで立ち入り検査との報道

TDK <日足> 「株探」多機能チャートより
 TDK<6762>とニッパツ<5991>が後場に入って一段安。NHKが「パソコンなどに搭載するハードディスクの主要な部品の製造で世界シェア7割を占めるTDKと日本発条が、談合繰り返したり不正な価格でカルテルを結んでいたりした疑いがあるとして、公正取引委員会は立ち入り検査をしている」と報じたことが影響しているようだ。

 報道によれば、両社はハードディスクの中にある磁気ヘッドを支える「アーム」と呼ばれる部品を日米の企業に納入しており、数年前から見積もり合わせなどで事前に契約業者を決めたり、納入価格を不正に引き上げるカルテルを結んだりしていた独占禁止法違反の疑いがあるとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均