市場ニュース

戻る
2016年07月26日12時08分

【材料】コンコルディアFG、国内大手証券は株式需給改善効果に期待も目先の買い材料は乏しいと指摘

コンコルディ <日足> 「株探」多機能チャートより
 コンコルディア・フィナンシャルグループ<7186>が反落。今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 みずほ証券では、傘下の横浜銀行は地銀上位行内でも最も積極的に自己株式取得を行っていたため、今後も株式需給改善効果が期待できると指摘。今後のシナジー現出に期待したいとしながらも目先の買い材料は乏しいとみて、レーティング「中立」、目標株価440円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均