市場ニュース

戻る
2016年07月26日11時08分

【材料】野村、大和証Gはじめ証券株が値下がりトップに売られる、相場の地合い悪化で反動売りの対象に

野村 <日足> 「株探」多機能チャートより
 野村ホールディングス<8604>、大和証券グループ本社<8601>などをはじめ証券株が軒並み安、業種別値下がり率でトップに売り込まれる場面があった。日経平均株価は参院選後の急速な戻りの反動もあって、目先は再び下値模索の展開。急騰していたポケモン関連株などの失速で個人投資家資金の離散の動きも懸念され、手数料収入など収益環境が悪化するとの思惑から目先売りのターゲットとなっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均