市場ニュース

戻る
2016年07月26日09時49分

【材料】JSRがマドを開けて急反落、自社株買い発表も第1四半期の減収減益決算を嫌気

JSR <日足> 「株探」多機能チャートより
 JSR<4185>がマドを開けて急反落。一時、10営業日ぶりに1400円を下回っている。25日引け後、17年3月期第1四半期の連結決算を発表した。売上高は前年同期比7.0%減の887億8600万円、営業利益は同23.9%減の56億3700万円となり、嫌気されている。

 石油化学系事業では、エラストマー事業はSSBRが順調に販売数量を伸ばしたものの、国内タイヤ需要の低迷が継続し、販売数量全体では前年同期比微増となった。また、大幅な円高が売買スプレッドの改善を相殺し、営業利益も前年同期比小幅な増加に留まった。合成樹脂事業も円高の影響などにより採算が悪化し、営業利益が前年同期比で大幅に下落した。多角化事業は、半導体材料事業およびディスプレー材料事業ともに販売数量を伸ばしたものの、円高の影響や、ディスプレー材料事業での競争激化・顧客の需要減少もあり、前年同期比で減収となった。

 会社側は同時に、発行済み株式総数の1.39%にあたる312万5000株、50億円を上限に自社株買いを実施するとも発表した。取得期間は7月26日から9月23日まで。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均