市場ニュース

戻る
2016年07月26日09時32分

【材料】フォーサイドがS高、中国「新浪」「微博」の広告販売代理店事業を開始へ

フォーサイド <日足> 「株探」多機能チャートより
 フォーサイド<2330>には朝方から買いが集中し、ストップ高水準でカイ気配となっている。25日の取引終了後、連結子会社フォーサイドエンタテイメントが、「新浪(sina)」「微博(weibo)」により配信される広告およびPR記事掲載サービスなどの販売に関して、管理運営会社の新浪日本総合ネットワークグループ(東京都港区)と指定代理店契約を締結したと発表しており、業績への貢献が期待されている。

 「新浪」は、1日平均アクセス数11億5000万ページビュー、ユニークユーザー数6010万を誇る中国最大級のインターネットポータルサイトで、一方の「微博」は、個人アカウント数6億人以上、1日の投稿数は1億3000万に上る中国の巨大ミニブログサービスプロバイダー。近年、中国人向けのビジネス市場が急激に増加し、「新浪」や「微博」を利用したマーケティングニーズも強まっていることから、フォーサイドエンタテイメントが販売代理を開始することで、高度なマーケティングノウハウの蓄積と、新規事業収益の確保などのシナジーが見込めると判断したという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均