市場ニュース

戻る
2016年07月26日09時05分

【市況】東京株式(寄り付き)=米株安、円高基調で売り先行

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 26日の東京株式市場は売り先行、寄り付きの日経平均株価は前日比84円安の1万6535円と続落。

 東京市場はリスクを取る動きが一巡し、足もと上値が重くなっている。前日の米国株市場では原油安に伴うエネルギー関連株の下げが足を引っ張り、NYダウが77ドル安と反落、外国為替市場でも1ドル=105円台後半の推移と円高傾向にあり、これを受けて主力株中心に調整モード。本格化する企業の四半期決算に対するガイダンスリスクや週末の日銀金融政策決定会合の結果を見極めたいとの思惑も買いを手控えさせる背景にある。一方、政府による経済対策への期待感から下値に対しても底堅さを発揮する可能性がある。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、電力、情報通信などを除き安い。値下がりで目立つのはその他金融、保険、海運、石油、輸送用機器、銀行など。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均