市場ニュース

戻る
2016年07月26日09時02分

【市況】個別銘柄戦略:重要イベント控えて買いポジションの縮小想定


海外株式市場は方向感の定めにくい動きとなっており、東京市場はイベントを控えてのポジション整理の動きが優勢となろう。とりわけ、ロングポジションの手仕舞いが優勢と見る。日銀の追加緩和策に対する期待感は十分に反映されていることで、目先の出尽し感、現状維持でのネガティブサプライズに備えた動きなどが強まる可能性。物色では、米国市場同様に、全般的にはエネルギー関連の下落、ハイテク関連の上昇といった流れが強まっていこう。個別では昨日急落した任天堂、その関連銘柄の動向に注目。任天堂やホシデンには投資判断格上げの動きが観測されており、リバウンドのきっかけにつながるか関心。また、経済対策関連として建設株やインフラ整備関連の動向なども前日同様に注目される。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均