市場ニュース

戻る
2016年07月25日17時23分

【為替】外為サマリー:1ドル106円20銭台を回復、押し目買いで持ち直す

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 25日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=106円27銭前後と、前週末午後5時時点に比べ10銭強のドル高・円安で推移している。

 ドル円相場は、午後3時20分頃に106円01銭をつけたあとは持ち直す展開。取引が始まったドイツ株やフランス株が底堅く推移していることが下支えとなり、この水準では値ごろ感からの押し目買いが流入した。ただ、今週は26~27日に米連邦公開市場委員会(FOMC)、28~29日に日銀金融政策決定会合といった重要イベントが予定されているとあって全般は模様眺めムードが強い。

 ユーロは対円で1ユーロ=116円50銭前後とユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.0963ドル前後とユーロ安・ドル高で推移している。



出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均