市場ニュース

戻る
2016年07月25日15時33分

【市況】国内大手証券、素材セクターでは、「ガラス、電線、繊維」と「旭硝子、住友電工、帝人、東レ」を推奨

旭硝子 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国内大手証券の素材セクターのリポートでは、7月中旬から円安が進展し業績悪化懸念はやや緩和されてきているものの、セクター全体の世界的な需要環境に力強さが出るような状況ではないと指摘。サブセクターでは、個別要因で中期的な成長余地があり、株主還元でも積極性が感じられ短期業績も堅調な、ガラス、電線、繊維を推奨し続けたいとして、ガラス、繊維の各社は16年4~6月期決算でも業績好調を確認できると予想。非鉄は金属価格の反転などで業績改善の兆しが出ているとみて、鉄鋼はまだ厳しいと判断。

 個別銘柄では、旭硝子<5201>、住友電気工業<5802>、帝人<3401>、東レ<3402>を買い推奨している。
《MK》

株探ニュース

日経平均