市場ニュース

戻る
2016年07月25日12時30分

【材料】ソフトバンクが軟調、ガンホー売却に伴う損失計上で嫌気売り

ソフトバンク <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソフトバンクグループ<9984>が軟調。同社は22日引け後に、同社が保有していたガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式売却に伴い、17年3月期に475億円の損失を計上することを発表しており、これが嫌気される格好となった。前週は英半導体設計大手アームHDの巨額買収で注目を集めたが、株価は引き続き下値を探る展開となっている。テクニカル的には、5000円台後半を横に走る中期トレンドの分水嶺である26週移動平均線を下に放れる展開となっており、警戒ムードを漂わせている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均