市場ニュース

戻る
2016年07月25日11時57分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」3位にサノヤスHD

サノヤスHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の25日午前10時現在で、サノヤスホールディングス<7022>が、「売り予想数上昇」3位となっている。

 25日の東京株式市場で、サノヤスHDの株価は、寄り付き大幅続伸でスタートしたものの、その後に一転ウリ気配を切り下げる展開となり、前場引けは前週末比ストップ(150円)安の637円まで売り込まれている。

 東証が25日売買分から、信用取引の委託保証金率を70%以上(うち現金40%以上)に引き上げると発表している。日証金も同日以降、貸借取引自己取引分および非清算者ごとの清算取次貸借取引自己取引分の貸借担保金率を、現行の50%から70%(うち現金40%)に引き上げると発表している。信用取引の規制強化に伴って、売買の自由度が制限されるとの見方から、売りが優勢となっているようだ。

 同社株人気化のきっかけは、任天堂<7974>「ポケモンGO」の大ヒットが連日報じられるなか、同社子会社のサノヤス・インタラクションズが大阪で「ポケモンEXPOジム」を運営していることが背景。ポケモンEXPOジムは、2016年にゲーム発売20周年を迎えるポケモンの体験型施設で、ポケモンとの会話を楽しみながらコミュニケーションスキルを育むことができる。なお、スマートフォン用アプリ「ポケモンGO」の日本国内での配信が22日からスターした。

 同社の株価が急騰する直前の7月11日終値は168円で、その後きょうの高値865円まで、9営業日で5.1倍と急騰を見せた。こうした短期急騰への警戒感から、きょうは一転して大量の売りを集める展開となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均