市場ニュース

戻る
2016年07月25日08時14分

【材料】TSIホールディングス---17年2月期は大幅増益、不採算ブランド撤退等で採算改善。

TSIHD <日足> 「株探」多機能チャートより

TSIホールディングス<3608>は、東京スタイル、サンエー・インターナショナルなどを傘下に持つアパレルグループの持株会社。衣料品の企画、製造、販売、ライセンスブランド事業及び生産・物流事業を手掛ける。M&Aと海外戦略を積極化、EC事業も強化。

17年2月期は売上高が前期比0.7%減の1,660.00億円、営業利益が同182.7%増の30.00億円、純利益が同86.8%増の26.00億円を計画。7月13日に発表した第1四半期決算は売上高が前年同期比6.0%減の413.56億円、営業利益が同50.6%増の24.03億円、純利益が108.8%増の17.77億円で着地。不採算ブランド撤退による採算改善、販管費削減が利益を押し上げた。

同社は、中期経営計画(17年2月期~19年2月期)を実行中。1)既存ブランドへの資源の集中と基盤強化の継続、2)「EC・海外・M&A」への投資加速と次世代シーズ発掘の仕掛け、3)外部環境変化への対応力ある事業・ブランドポートフォリオの構築、4)事実と分析に基づく意思決定と合理的なオペレーション基盤の確立、が基本方針。最終年度に売上高1,800億円、営業利益90億円、ROE6.5%を目標として、「アジアを代表するアパレルカンパニー」目指す。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均