市場ニュース

戻る
2016年07月22日18時27分

【テク】日経平均テクニカル:過熱は冷まされた格好


反落。マドを空けての下落となり、その後は5日線に上値を抑えられたが、16600円を挟んでのこう着が続いた。結局は狭いレンジでの推移から、陽線を形成するなど、押し目買い意欲の強さが窺えた。ボリンジャーバンドでは上昇する+1σと+2σとのレンジで推移しており、+1σ寄りとなったことで過熱は冷まされた格好。

また、価格帯別出来高では商いが積み上がっている16600-16800円レベルでの攻防となり、前日に一時16900円に乗せるなどこの抵抗を捉えてきていたが、戻り待ちの売り圧力も意識されやすい。一方で、一目均衡表の雲上限が支持線として意識されている。来週は雲上限が16500円処で横ばい推移するため、これを支持線として16600-16800円の抵抗突破を見極める。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均