市場ニュース

戻る
2016年07月22日09時47分

【材料】日新電が上場来高値を更新、第1四半期は原価低減や企業体質の改善・強化などで大幅な営業黒字

日新電 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日新電機<6641>が上場来高値を更新。21日引け後、17年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比32.0%増の239億2100万円、営業損益は25億4800万円の黒字(前年同期は7900万円の赤字)となった。

 円高の進展や新興国経済の減速による影響が懸念される状況下、市場動向や顧客ニーズに対応した製品・サービスの開発と市場投入に努めた結果、売上高を押し上げた。利益面では、グループをあげた原価低減や企業体質の改善・強化などによる収益向上に努めたことが奏功した。

 同社株は今年3月以降、緩やかな上昇トレンドを維持している。決算が好感されて今日はマドを開けて急伸している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均