市場ニュース

戻る
2016年07月22日09時29分

【市況】日経平均は197円安でスタート、日銀黒田総裁のBBCでのヘリマネについての否定的な発言で円が買われる/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16612.90 (-197.32)
TOPIX  : 1322.10 (-17.29)

[寄り付き概況]


 日経平均は反落で始まり、その後は底堅さが意識される。21日の米国市場では原油相場の下げが嫌気され、NYダウは10営業日ぶりに反落。シカゴ日経225先物清算値は大阪比250円安の16560円となり、これにさや寄せする格好から利食い優勢の展開に。昨晩、日銀の黒田総裁がBBCのラジオ番組でヘリコプターマネーについて否定的な発言をしたことを受けて、為替市場で円が買われ、1ドル105円台に乗せている。発言をめぐって円相場が乱高下するなか、仕掛け的な動きに向かいやすいところ。

 セクターでは非鉄金属が小じっかりな他は全般売り先行となり、鉱業、空運、証券、銀行、石油石炭、その他製品、海運、その他金融、輸送用機器、ガラス土石が冴えない。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が全体の7割を占めている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均