市場ニュース

戻る
2016年07月22日06時52分

【市況】21日のNY市場は下落

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 18517.23 (-77.80)
NASDAQ  : 5073.90 (-16.03)
CME225  : 16560 (-250(大証比))

[NY市場データ]

21日のNY市場は下落。ダウ平均は77.80ドル安の18517.23、ナスダックは16.03ポイント安の5073.90で取引を終了した。欧州中央銀行(ECB)理事会で政策金利が据え置かれ、ドラギ総裁が9月の追加緩和について否定しなかったことを受けて、朝方は小動きとなった。その後、原油相場が下落し、株式相場も下げ幅を拡大する展開となった。週間新規失業保険申請件数は予想より減少したものの、7月フィラデルフィア連銀景況指数が軟調となり、経済指標の相場への影響は限定的だった。セクター別では、自動車・自動車部品や公益事業が上昇する一方で運輸やエネルギーが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比250円安の16560円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、富士重<7270>、コマツ<6301>、LINE<3938>、TDK<6762>など対東証比較(1ドル105.79円換)で全般冴えない。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均