市場ニュース

戻る
2016年07月21日19時18分

【為替】欧州為替:ドル軟調、欧州株安や米債利回り低下にも反応

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 日銀の黒田東彦総裁が海外メディアとのインタビューで「ヘリコプターマネーは必要もないし、可能性もない」などと述べたことが材料視され、ドル売り・円買いが続いている。ドル・円は一時105円42銭まで下落。


 また、欧州株の全面安や米ダウ先物のマイナス圏推移、米10年債利回りの低下にも反応してドルは値を下げているもよう。今晩は欧州中銀(ECB)の政策金利発表が予定されており、目先もECBの緩和方針をめぐり値動きが乱高下する可能性があろう。


 ここまで、ドル・円は105円42銭から106円89銭、ユーロ・ドルは1.1005ドルから1.1042ドル、ユーロ・円は116円15銭から117円93銭で推移した。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均