市場ニュース

戻る
2016年07月21日14時13分

【為替】東京為替:ユーロは上値が重い、今晩のECB理事会を注視

ユーロ円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

ユーロ・円は午前中の取引で118円40銭まで上昇したが、日本株の上げ幅縮小で足元は118円10銭台で推移している。欧州中銀(ECB)は日本時間20時45分に政策金利を発表する。市場コンセンサスは現状維持で、ユーロ売りが見込まれる。ただ、その後21時30分のドラギ総裁の記者会見で、追加利下げに消極的な見解が示されればリスクオフのユーロ買いに振れる可能性がある。その場合、日本政府による経済対策や日銀による追加緩和期待で円売りが強まり、ユーロを押し上げるかもしれない。

ここまでのドル・円は、106円85銭から107円49銭、ユーロ・ドルは1.1006ドルから1.1044ドル、ユーロ・円は117円71銭から118円40銭で推移している。

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均