市場ニュース

戻る
2016年07月21日14時01分

【市況】14時時点の日経平均は前日比86.46円高、任天堂、マクドがマイナス圏に

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

14時時点の日経平均は前日比86.46円高の16768.35円で推移している。後場ここまでの高値は12時32分の16881.51円、安値は13時45分の16753.66円。売買代金は2.0兆円弱と前日比では減少している。任天堂<7974>の売買が昨日よりは減少していることなどが影響。一方、為替市場では、ドル・円は107円10銭台、ユーロ・円は118円20銭台と朝方との比較では目立った動きは観測されず。

全市場の売買代金上位銘柄では、任天堂が4000億円超でトップだがマイナス圏に突入している。また、前場強かったマクドナルド<2702>も弱い。一方、トヨタ自<7203>、三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>が買われている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均