市場ニュース

戻る
2016年07月21日12時11分

【材料】三越伊勢丹HD、国内大手証券は高額品需要低迷の可能性が高まっていると指摘

三越伊勢丹 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三越伊勢丹ホールディングス<3099>が反発。今日の高値圏で前場の取引を終えている。

 みずほ証券では、円高進行により、外国人観光客や国内の富裕層に支えられてきた高額品需要が長期的に低迷する可能性が高まっていると指摘。婦人衣料の販売基調にも回復の兆しは見られないとして、レーティング「買い」を継続も、目標株価を1500円から1300円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均