市場ニュース

戻る
2016年07月21日10時34分

【為替】外為サマリー:1ドル107円台を回復、20兆円超の経済対策に期待

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 21日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時過ぎ時点で1ドル=107円38銭前後と前日に比べ1円00銭強の大幅なドル高・円安で推移している。

 東京市場では大幅なドル高・円安が進行。一部で「日本政府が経済対策の事業規模を20兆円超で調整している」との報道が伝わったことを受け、リスク選好のドル買い・円売りが膨らんだ。ドル円の107円台回復は6月10日以来、1カ月半ぶりのこと。また、米株式市場ではNYダウが9日続伸し、最高値を更新していることもドル買い要因となっている。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1010ドル前後と前日に比べ0.0010ドル強のユーロ高。対円では1ユーロ=118円22銭前後と同1円30銭強のユーロ高・円安で推移している。今晩予定されているECB理事会の内容なども関心を集めている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均