市場ニュース

戻る
2016年07月21日10時31分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比222.16円高、任天堂の商いは2000億円とポケモノミクス継続

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時30分時点の日経平均は前日比222.16円高の16904.05円で推移している。ここまでの高値は10時05分の16938.96円、安値は9時01分の16844.56円。出来高は既に9000億円台まで膨らんでいる。任天堂<7974>は2000億円近い商いと引続き売買は活況。一方、マザーズ指数は前日終値水準でのもみ合いが続いている。任天堂やポケモン関連銘柄に資金が向かっており、マザーズの売買代金は310億円ほどと商いは低迷。

TOPIXコア30銘柄では、信越化学<4063>、日立<6501>、パナソニック<6752>、デンソー<6902>、ホンダ<7267>、野村<8604>、三菱UFJ<8306>などメガバンクが買われている。一方、JR東日本<9020>、JR東海<9022>、KDDI<9433>、NTTドコモ<9437>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均