市場ニュース

戻る
2016年07月21日10時00分

【市況】10時時点の日経平均は前日比226.39円高、任天堂の売買代金は早くも1500億円超に

日経平均 <5分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比226.39円高の16908.28円で推移している。欧米株の上昇や為替の円安推移などを材料に東京市場は買い優勢でスタート。日経平均は6月1日以来となる16900円台を回復している。為替市場では、ドル・円は107円30銭台、ユーロ・円は118円10銭台と朝方比ではともに10銭ほど円安に推移している。一方、マザーズ指数は前日終値水準でのもみ合いとさえない。引続き大型株主導の相場展開となっている。

全市場の売買代金上位銘柄では、反発の任天堂<7974>が既に1500億円できている。また、同じくポケモン関連のマクドナルド<2702>も大商いで、三菱UFJ<8306>などメガバンクを上回る商いに。一方、ソフトバンクグ<9984>、KDDI<9433>、NTT<9432>がさえないほか、そーせい<4565>も小幅マイナスとなっている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均