市場ニュース

戻る
2016年07月21日06時23分

【市況】NY金:反落で1319.30ドル、米国株高やドル強含みが影響して


NY金は反落(COMEX金8月限終値:1319.30↓13.00)。米国株の上昇や、為替市場で主要通貨に対してドルが強含んだことなどからさえない展開となった。堅調な株価推移に対して、安全避難先としての魅力が薄らいでいる様子。


日足チャートでは、7月6日の年初来高値1377.50ドルをピークに調整局面入りを迎えている。6月24日の急騰前の水準である1300ドル割れも視野に。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均