市場ニュース

戻る
2016年07月20日18時23分

【テク】日経平均テクニカル:強弱感対立も抵抗線突破を意識


7日ぶりに反落。利食い先行で始まったが、上昇する5日線が支持線として機能している。下ひげを残す格好で下げ幅を縮めており、4営業日連続で陽線を形成している。ボリンジャーバンドでは2σの切り上がりに沿ったトレンドを形成。一目均衡表では雲上限が支持線として機能している。価格帯別出来高では商いが積み上がっている16600-16800円レベルでの攻防といったところ。強弱感が対立しやすいところではあるが、一時16600円を下回った後に下げ幅を縮めており、抵抗線突破を意識したスタンスとなろう。週間形状では上値抵抗だった26週線を上放れており、一目均衡表では転換線、基準線を突破。雲下限を意識したリバウンドへ。
《MT》

 提供:フィスコ

日経平均