市場ニュース

戻る
2016年07月20日17時38分

【市況】マザーズ指数は5日続落、SOSEIは買い続かず、AppBank急反落/マザーズ市況

そーせい <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場では、主力のSOSEI<4565>がリリースを受けて上昇し、マザーズ指数もプラスに転じる場面があった。ただ、買いは続かず、前日までと同様に売りに押される展開となった。主力株は全般軟調で、任天堂<7974>の急反落に連れてスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」関連として物色が向かっていた銘柄が大きく売られた。反面、個別材料を手掛かりとした物色が見られた。なお、マザーズ指数は5日続落、売買代金は概算で881.50億円と1000億円を割り込んだ。騰落数は、値上がり115銘柄、値下がり106銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、SOSEIやミクシィ<2121>、サイバーダイン<7779>、Hamee<3134>などが軟調。SOSEIはノバルティスへ導出している「シーブリ」「ウルティブロ」の4-6月業績を公表した。また、任天堂やPokemon GO関連として直近で急伸する場面があったAppBank<6177>、はてな<3930>、モバファク<3912>に加え、IoT関連として前日ストップ高となったAPLIX<3727>がマザーズ下落率上位に並んだ。一方、業績予想の上方修正を発表したエボラブルA<6191>に加え、Trends<6069>がストップ高まで買われた。東証1部への市場変更を発表したBガレジ<3180>や、アカツキ<3932>、農業総合研究所<3541>も大きく上昇した。LINE<3938>の株価が持ち直し、ADWAYS<2489>、フリークアウト<6094>など関連銘柄も反発。その他、CRI・MW<3698>、フリービット<3843>、セラク<6199>、バーチャレクス<6193>などが上昇した。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均