市場ニュース

戻る
2016年07月20日15時57分

【市況】日経平均は7日ぶり反落、任天堂など利益確定売り優勢/相場概況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は7日ぶり反落。19日の欧米株式市場は高安まちまちで方向感に乏しく、日経平均は前日までの6営業日で計1616円上昇していたこともあり、短期的な過熱感が意識されて76円安からスタートした。為替相場の円安一服に加え、足元で相場のけん引役となっている任天堂<7974>が反落したことも影響したとみられ、日経平均は前場に一時16554.03円(前日比169.28円安)まで下落する場面があった。売り一巡後は16600円を挟んだもみ合いが続いたが、後場に入ると押し目買いの動きもあり16700円近くまで戻した。

大引けの日経平均は前日比41.42円安の16681.89円となった。東証1部の売買高は18億6441万株、売買代金は2兆7199億円だった。業種別では、その他製品が5%超下げたほか、証券、鉱業が下落率上位だった。一方、建設業、不動産業、陸運業が上昇率上位だった。

個別では、任天堂が終値で12%超安と4日ぶりに大幅反落した。売買代金は連日で7000億円を超えた。同社が東証1部下落率トップとなったほか、マーベラス<7844>、タカラトミー<7867>といった「ポケモン」関連銘柄の一角が連れ安となり下落率上位に並んだ。任天堂以外の売買代金上位では、トヨタ自<7203>やソニー<6758>が小安く、三井住友<8316>、みずほ<8411>などが軟調。三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、Vテク<7717>は2%安となった。一方、英社買収を受けて前日急落したソフトバンクグ<9984>や上場3日目のLINE<3938>が反発。KDDI<9433>、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>といった通信大手が堅調で、JR東<9020>は3%超の上昇。ポケモン関連でもイマジカロボッ<6879>は荒い値動きながら終値でプラスを確保した。また、関連銘柄ではSKジャパン<7608>やサノヤスHD<7022>が連日の大幅高となり、パスコ<9232>、CDS<2169>とともに東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均