市場ニュース

戻る
2016年07月20日12時16分

【材料】日特殊陶、国内大手証券は同社シェアが環境規制強化に伴い上昇するとの見解を維持

特殊陶 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本特殊陶業<5334>が小反落。現在は前日終値1770円近辺で推移している。

 SMBC日興証券は、同社子会社、日特スパークテック東濃の二野本社工場を見学する機会を得たとのリポートをリリース。それによると、環境規制強化に伴い、ガソリンエンジンの形状は大きく変化、ダウンサイジング化によりシリンダーが小型化し、スパークプラグの小径化が求められていると紹介。また、高圧縮化により冷却用のウォータージャケットが拡大、スパークプラグの長尺化が必要となることから、これに対応したプラグを同社は、「ロングリーチプラグ」と呼んでおり、ロングリーチプラグ生産数量は、今後増加する見込みと解説。

 同証券は同社の競争力を確認、同社のシェアが、環境規制強化に伴い上昇するとの見解を維持し、投資評価「1」(アウトパフォーム)、目標株価2300円を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均