市場ニュース

戻る
2016年07月20日09時04分

【市況】東京株式(寄り付き)=目先利益確定売りに反落

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 20日の東京株式市場は売り先行、寄り付きの日経平均株価は前日比76円安の1万6646円と反落。

 前日の米国株市場ではNYダウが25ドル高と小幅ながら続伸し最高値を更新したが、上値が重くなっておりナスダック指数はマイナス圏で引けた。前日まで6日続伸した日経平均株価も英国EU離脱問題によるリスクオフからの巻き戻しが一巡し、目先利益確定売りに軟調な動きとなっている。先物主導の上昇相場の反動が出る可能性もある。一方、外国為替市場では1ドル=106円台前半の推移と円安水準でもみ合っており、輸出主力株にはプラス材料で全体相場の下支え役を担うことも想定される。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、情報通信、医薬品、保険、不動産を除き安い。値値下がりで目立つのは、鉄鋼、その他製品、繊維、非鉄、証券など。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均