市場ニュース

戻る
2016年07月20日08時49分

【市況】20日の株式相場見通し=高値警戒感から上昇一服、任天堂の株価に感心

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 20日の東京株式市場は、きのうまでの6日続伸で日経平均株価が短期間に合計1616円もの急騰を演じたことにより、高値警戒感からの利益確定売りが優勢となり、上昇一服が予想される。20日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=106円20銭台での推移となっている。スマートフォン向けゲーム「ポケモン GO」が日本でも20日にも配信される見通しと伝えられたことで、任天堂<7974>の株価動向に感心が集まりそうだ。

 19日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比25.96ドル高の1万8559.01ドルと8日続伸し、6日続けての過去最高値更新となった。本格化している米4~6月期決算の内容を反映して、下期の業績改善期待が継続買いにつながっている。ナスダック総合株価指数は、前日比19.410ポイント安の5036.373と反落した。

 日程面では、6月の訪日外国人客数、6月の粗鋼生産、6月の全国百貨店売上高、6月の全国コンビニエンスストア売上高に注目。海外では、米国とキューバの国交回復から1年が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均