市場ニュース

戻る
2016年07月20日08時31分

【市況】「ポケモノミクス」の過熱を冷ます、ソフトバンクグの見直しに期待/オープニングコメント

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより

 20日の日本株市場はこう着感の強い相場展開になりそうだ。19日の米国市場は決算内容を見極めたいとの思惑や年内利上げの可能性が高まったとの見方から、終日小動きの展開だった。また、国際通貨基金(IMF)による世界経済の見通し引き下げなども重石となっている。シカゴ日経225先物は大阪比110円安の16610円となり、これにさや寄せする格好から売り先行となろう。

 また、米ADRでは任天堂<7974>が4%程度の下落となっている。過熱感から調整が望まれていたこともあり、過熱を冷ます流れになりそうだ。商いの集中が目立っていた「ポケモノミクス」相場の一服により、市場全般も調整ムードに向かいそうである。

 テクニカル面では、日経平均は前日までの上昇で一目均衡表の雲を上放れていた。シグナルは好転しているが、雲を上放れていくというよりは、いったん雲を支持線として確認したいところ。価格帯別出来高では商いが膨れている16600-16800円を捉えてきており、強弱感が対立しやすい。過熱を冷ましつつ、押し目買い意欲の強さを見極めたいところである。

 一方で、昨日10%超の下落となったソフトバンクグ<9984>だが、ARM買収によるIoTの長期的な成長評価から、見直しの流れに向かうかが注目される。任天堂が一服のなか、ソフトバンクグがリバウンドをみせてくるようだと、現在の需給環境の良ささを映すことになろう。
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均