市場ニュース

戻る
2016年07月20日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 エボラブルA、ファインデ、リソー教育 (19日大引け後 発表分)

エボラブルA <日足> 「株探」多機能チャートより
 19日引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 エボラブルA <6191> [東証M]  ★今期最高益予想を87%増益に27%上乗せ
 ◆16年9月期の連結経常利益を従来予想の4.4億円→5.6億円に26.7%上方修正。増益率が47.2%増→86.6%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。航空券予約サイトの利用者増加で手数料収入が想定以上に伸びることが収益を押し上げる。

 CDS <2169>   ★上期経常を51%上方修正、配当も2円増額
 ◆16年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の3.9億円→5.9億円に50.9%上方修正。増益率が40.1%増→2.1倍に拡大する見通しとなった。FA教育やロボット関連システムの伸長に加え、技術システム開発事業における物品販売が好調だったことが寄与。作業効率化が進んだことも利益上振れに貢献した。
  業績上振れに伴い、今期の上期配当を従来計画の18円→20円(前年同期は18円)に増額修正した。

 ファインデ <3649>   ★上期経常を28%上方修正
 ◆16年12月期上期(1-6月)の経常利益(非連結)を従来予想の3.3億円→4.2億円に27.9%上方修正。増益率が2.9倍→3.7倍に拡大する見通しとなった。主力の大規模医療機関向けデータ管理システムの受注が伸び、売上が計画を上回ったことが利益を押し上げた。

 リソー教育 <4714>   ★今期配当を4円増額修正、配当利回りが5%に上昇
 ◆17年2月期の年間配当を従来計画の16円→20円(前年同期は10円)に増額修正。個別指導塾TOMASを中心とする既存事業の好調や、新規事業の成長を追い風に業績が想定以上に伸長。財務基盤の改善を踏まえ、今期は株主還元率100%を実施する。
  期末配当利回りが5.03%に上昇し、配当取りを狙う買いが期待される。

株探ニュース

日経平均