市場ニュース

戻る
2016年07月20日06時54分

【市況】19日のNY市場はまちまち

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 18559.01 (+25.96)
NASDAQ  : 5036.37 (-19.41)
CME225  : 16610 (-110(大証比))

[NY市場データ]

19日のNY市場はまちまち。ダウ平均は25.96ドル高の18559.01、ナスダックは19.41ポイント安の5036.37で取引を終了した。引き続き主要企業決算の内容を見極めたいとの思惑や、金融市場の安定化で年内の利上げの可能性が高まったとの見方もあり、終日小動きの展開となった。6月住宅着工・建設許可件数は予想を上振れる堅調な内容となったものの、国際通貨基金(IMF)による世界経済の見通し引き下げや、原油相場の下落が嫌気された。ダウは史上最高値を更新した。セクター別では、消費者・サービスや不動産が上昇する一方で素材や小売が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円安の16610円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、富士フイルム<4901>、LINE<3938>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル106.09円換算)で全般小安い。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均