市場ニュース

戻る
2016年07月19日21時04分

【為替】欧州為替:ドル・円106円台で推移、ユーロ、ポンド弱含み

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 19日のロンドン外為市場では、ドル・円は105円89銭から106円27銭まで上昇した。IMFの世界経済見通し改訂版発表に向けた思惑から、ドル買いが全般的に優勢になった可能性。


 ユーロ・ドルは1.1077ドルから1.1024ドルまで下落し、ユーロ・円は117円57銭から116円99銭まで下落した。独・7月ZEW景気期待指数の落ち込みを受けて、ユーロ売りも強まった。


 ポンド・ドルは1.3222ドルまで上昇後、1.3128ドルまで下落。英国の6月消費者物価指数の上振れ上昇を受けてポンド買いが先行した後、英国経済見通しの下方修正懸念からポンド売りが優勢になった。ドル・スイスフランは0.9822フランから0.9862フランまで上昇した。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均