市場ニュース

戻る
2016年07月19日14時29分

【材料】アデランスが上場来安値を更新、アナリスト視点からもネガティブと

アデランス <日足> 「株探」多機能チャートより
 アデランス<8170>が厳しい下落となっている、一時は41円安の450円まで売られる場面があって上場来安値を更新した。先週発表した第1四半期決算がネガティブ視されている。

 SMBC日興証券でリリースされたアナリストリポートでも、アデランスの決算内容にネガティブな印象と記されている。海外ウイッグ事業は北米と欧州で3億8600万円の営業損失、国内販売は売り上げが厳しいがコスト削減で11%増益、6月の月次公表データは国内売上高が前年同月比4.8%減少、百貨店での販売苦戦となっているようだ。

 外国人投資家の動向では、米国籍の投資顧問フランクリン・テンプルトン・インスティチューショナルが、保有株比率を22.36%から21.34%に引き下げている。海外ファンドも保有株を減らす動きが出始めたようだと市場の話題になった。
《MK》

株探ニュース



日経平均