市場ニュース

戻る
2016年07月19日10時55分

【経済】(中国)上海総合指数は0.11%安でスタート、元安進行が警戒材料

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

19日の上海総合指数は売り先行。前日比0.11%安の3040.23ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時47分現在、0.10%安の3040.42ptで推移している。元安進行が警戒され、中国からの資金流出懸念が高まっている。元の対米ドル仲値は19日、再び元安方向に設定され、オンショア市場では18日、1米ドル=6.7元の大台に突入した。一方、国有企業改革の進展などが支援材料となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均