市場ニュース

戻る
2016年07月19日10時40分

【材料】任天堂関連が値上がり上位ほぼ独占、マネーゲームの様相に

ハピネット <日足> 「株探」多機能チャートより
 東証1部の値上がり率トップに買われているハピネット<7552>を筆頭に、ストップ高カイ気配のサノヤスホールディングス<7022>、イマジカ・ロボット ホールディングス<6879>、タカラトミー<7867>、第一屋製パン<2215>、ホシデン<6804>、マーベラス<7844>など任天堂<7974>関連が値上がり率上位をほぼ独占する展開となっている。

 米国で社会現象化するほどの大人気を博しているスマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」が、国内配信も目前に迫っているとの見方から、関連銘柄に位置付けられる銘柄群に短期値幅取りを狙った投機資金の流入が加速、マネーゲームの様相を呈している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均