市場ニュース

戻る
2016年07月19日10時34分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比49.65円高、引続き任天堂が大商いで売買代金は2000億円超

日経平均 <5分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

10時30分時点の日経平均は前日比49.65円高の16547.50円で推移している。ここまでの高値は9時06分の16658.11円、安値は10時03分の16514.66円。為替市場では、人民元の対ドル基準値レートが10年10月以来の元安水準となったことなどから、ドル・円が105円80銭台と朝方比では30銭ほど円高に推移している。一方、マザーズ先物は918.0pと朝方の945.0pから比べるとかなり弱い。マザーズ指数が930pレベルで推移していることから、引続き売り圧力の強い地合いとなっている様子。

全市場の売買代金上位銘柄では、任天堂<7974>が引続き大商いで既に売買代金は2000億円を超えている。また、ファーストリテ<9983>、ブイ・テクノロジー<7717>、ソニー<6758>、イマジカ<6879>が強い。一方、ソフトバンクグ<9984>が引続き売り優勢となっているほか、先週末上場したLINE<3938>も弱い。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均