市場ニュース

戻る
2016年07月19日10時09分

【材料】島忠が続急落、三菱UFJ証が「中立」に格下げ

島忠 【日足】
多機能チャートへ
島忠 【日中足】

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が15日付で島忠 <8184> の投資判断を「オーバーウエート(強気)→ニュートラル(中立)」に引き下げ、目標株価を3300円→2500円に減額したことが売り材料視された。

 リポートでは、競合激化で消費増税後の改善ピッチが想定以上に鈍いと報告。また、16年8月期下期は、販管費抑制を進めているものの、家具・ホームファッション用品、ホームセンター用品ともに販売苦戦が続いていると指摘している。

 同証券では、16年8月期の営業利益を109億円→99億円(会社計画は113億円)、17年8月期を113億円→100億円にそれぞれ下方修正した。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均