市場ニュース

戻る
2016年07月19日08時23分

【材料】ダイヤモンドダイニング---1Q営業利益249.4%増、2Q累計業績計画を最終黒字転換へ上方修正

Dダイニング <日足> 「株探」多機能チャートより

ダイヤモンドダイニング<3073>は15日、2017年2月期第1四半期(16年3-5月)決算を発表。売上高が前年同期比6.0%増の75.11億円、営業利益が同249.4%増の3.72億円、経常利益が同257.3%増の3.68億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同19.5倍の2.14億円だった。

グループの高収益ブランドでもある「九州 熱中屋」ブランドを横浜桜木町に新規出店したほか、「日光金谷ホテル」協力の元、“日本の洋食”を用意した新規ブランドとして「NIKKO KANAYA HOTEL CRAFT GRILL(通称:クラフトグリル)」を出店した。

17年2月期第2四半期累計の計画については、売上高が従来の148.13億円から前年同期比3.2%増の149.16億円、営業利益が1.30億円から同45.6%増の3.10億円、経常利益が1.14億円から同52.4%増の2.96億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が0.75億円の赤字から同363.2%増の0.71億円の黒字へと上方修正を発表している。

17年2月期通期については、売上高が前期比2.7%増の306.32億円、営業利益が同10.1%増の10.48億円、経常利益が同14.3%増の10.16億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が3.02億円(前期は2.62億円の赤字)と黒字転換を見込んでいる。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均