市場ニュース

戻る
2016年07月19日07時12分

【為替】NY為替:トルコのクーデター未遂でリスク回避の円買い縮小

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

18日のニューヨーク外為市場でドル・円は、105円27銭へ下落後、106円26銭へ上昇し、106円15銭で引けた。トルコの一部軍関係者によるクーデターを政府が鎮圧したため、リスク回避の円買いは縮小した。また、米国債利回りの上昇に伴うドル買いが優勢となった。


ユーロ・ドルは、1.1047ドルから1.1084ドルへ上昇し、1.1075ドルで引けた。トルコ政情不安の後退でユーロのショートカバーが優勢となった。ユーロ・円は、116円32銭へ下落後、117円69銭へ反発。


ポンド・ドルは、1.3220ドルから1.3315ドルへ上昇した。英中銀による8月の利下げ観測が後退しポンドのショートカバーが優勢となった。ドル・スイスは、0.9844フランから0.9812フランへ下落した。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均