市場ニュース

戻る
2016年07月19日06時53分

【市況】18日のNY市場は上昇

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 18533.05 (+16.50)
NASDAQ  : 5055.78 (+26.20)
CME225  : 16610 (+50(大証比))

[NY市場データ]

18日のNY市場は上昇。ダウ平均は16.50ドル高の18533.05、ナスダックは26.20ポイント高の5055.78で取引を終了した。原油相場の下落を嫌気し、売りが先行。堅調な7月NAHB住宅市場指数が好感されたものの、その後は新たな株価動意材料に乏しく、利益確定の売りも広がったほか、今週から本格化する4-6月期決算発表の内容を見極めたいとの思惑から上値は重いものの、ダウ及びS&P500種指数は過去最高値を更新した。セクター別では、ソフトウェア・サービスやテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比50円高の16610円。ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、日鉄住金<5401>、LINE<3938>が軟調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル106.19円換算)で全般堅調。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均