市場ニュース

戻る
2016年07月18日09時40分

【為替】東京為替:ドルは105円50銭台で推移、利食い売りは一服との見方も

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

ドル・円は105円53銭近辺で推移。朝方にドルは106円02銭まで買われたが、ドル買い材料は特に増えていないことから、ドルは一時105円32銭まで反落した。本日は東京市場が休場となるため、ドル・円などの主要通貨の取引は閑散となりそうだが、利食い売りは一服しており、中国本土株が強い動きを見せた場合、ドルは106円近辺まで再上昇する可能性がある。ここまでのドル・円は105円32銭から106円02銭で推移。

ユーロ・ドルはもみあい、1.1045ドルから1.1063ドルで推移。

ユーロ・円は上昇一服、116円40銭から117円21銭で推移。

■今後のポイント
・トルコでのクーデターは未遂に終る
・日中は中国株式の動向が手掛かり材料に

・NY原油先物(時間外取引):高値46.14ドル 安値45.69ドル 直近値45.82ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均